食品の消費期限と賞味期限の違い

賞味期限と消費期限について知る

PICK UP!

意外と知らない賞味期限と消費期限

あなたが新しい食品を売り出すとします。この時の新商品は賞味期限か消費期限、どちらで記載するべきなのでしょうか。そしてこの商品の「期限」はどのように決めるべきなのでしょうか。賞味期限や消費期限について知る前に、まずはそのような期限の決め方を紹介していきたいと思います。

PICK UP!

賞味期限と消費期限とは何なのか?

そもそも賞味期限と消費期限とは何なのかということを私たちはしっかりとは理解してません。「味の限界が賞味期限、物の限界が賞味期限だ」だと言い張られたらそれまでなのですが、せっかくですので賞味期限と消費期限の詳しい定義やその背景などを知っておきましょう。

賞味期限と消費期限の決め方

賞味期限や消費期限はどの商品にも付いていますが、両者のことを私たちはあまり知りません。
文字から察して賞味期限よりも消費期限の方が切れてしまうと危なかったりするのだろうなという程度の認識を持っている人は多くいるかもしれません。しかし実際どれほど賞味期限と消費期限には差があるのかと聞かれると答えることは難しくなりますよね。それに消費期限より危なくない賞味期限に関しても切れてから何日経過すると危ないのかということは、わからないということもあるかもしれません。

また、私たちは特に根拠がないのにもかかわらず、購入した商品に記載されている賞味期限と消費期限を信用していますが、この期限は誰が決めるのでしょう。そしてその人は信用に値するのでしょうか。あるいは何を根拠にしてその期限を決めるのでしょうか。

あるいはそもそも賞味期限や消費期限が記載されていない食品や、賞味期限がほとんど意味をなさない食品が身近にたくさんあることは知っているでしょうか。そうとは知らずに記載されていない食品を変に疑ったり、まだ食べられる食品を捨ててしまったりしませんでしたか。

普段はとても身近にあり、それゆえに特に注視しない賞味期限と消費期限ですが、こうしてみるとこれら二つの期限には曖昧ところや知らないところなどが意外と多くあると思います。
このサイトではそのような賞味期限や消費期限のいくつかの疑問や新事実などを説明していきたいと思います。

道を外れた食品たち

最後は特別な食品について紹介したいと思います。 食品の中には賞味期限も消費期限も記載されていないものがあります。あるいは賞味期限が記載しているけれども、実はその数倍の年も保てるものもあります。 会社の不備だと勘違いしたり、まだ食べられることを知らずに捨てたりしないように一度確認しておきましょう。

TOPへ戻る